脱毛サロンでクーリングオフを利用する

脱毛サロンにクーリングオフを利用する

脱毛サロン,クーリングオフ

 

脱毛サロンでクーリングオフが可能な条件は、契約をした日から8日以内で、契約期間が1ヶ月以内で契約金額が総額で5万円以上の場合です。クーリングオフの手順は、サロン側に書面で通知するだけです。基本的にはサロンに契約解除の旨を紙に書いて、8日以内に送れば大丈夫です。

 

紙は葉書でも便箋でもどちらでも構わないですが、通知日と契約日と脱サロン名と金額を記入して、上記の契約及び申し込みを解除しますと記載します。すでに料金を支払っている場合は、返金振り込み口座も記載しておくようにします。

 

紙に書いて送っただけになると、届いていなかったり8日を過ぎている等のトラブルが起きる事があります。このため、日にちと確実に届けておきたい事を公的に証明しておくようにすると安心です。控えはコピーを取って手元に残しておき、内容証明郵便で郵送します。

 

送るのは、簡易書留や特定記録郵便でも良いです。分からない時は、郵便局で送った事が公的に証明出来る方法で郵送したい事を伝えると、丁寧に教えてもらう事が出来ます。葉書で送ると安く出来るので、お金を出したくない人にはお勧めです。

 

配達記録郵便でも送れますが、配達日時の記録は出来ますが相手の受領の記録が残らないので、簡易書留の方がお勧めです。

女子高生の脱毛は当たり前

脱毛サロン,クーリングオフ

 

最近の女子高生はお洒落に敏感で、脱毛に興味がある人が増えています。脱毛は大人が行うイメージがありますが、高校生でも脱毛を受ける人はいます。ムダ毛の処理を行った年齢で速い年齢のトップが12歳で、次に多いのが13歳でその後が14歳で11歳以下と15歳となっています。

 

脱毛経験のある女子高生は、小中学生の時にすでに経験していてそのまま続けている人が多いようです。脱毛方法にはカミソリや毛抜きや電気シェーバーや除毛クリーム等があり、自己処理を行っている人もいますが、脱毛サロンに通っている人もいます。

 

女子高生に人気のある部位は、両脇と両膝下と両肘下と両手の甲・指とVラインの順番になっていて、人目に付きやすい部位が人気です。高校生でも脱毛サロンで脱毛する事は出来ますが、保護者の同意書が必要です。

 

サロンにもよりますが、同意書以外に親の付き添いも必要な所もあります。しかし、基本的には同意書で契約を結べば高生でも脱毛は受けられます。女性ホルモンのバランスから、生理が来ていない人の脱毛は行わないように指示しているサロンもあり、生理が来て女性ホルモンが安定してから行うサロンが多いです。

 

高校生が脱毛するのにクリアしなければならない事は、親の承諾を貰うことです。正規の価格で受けると高くなりますが、脱毛サロンによっては高校生しか対象にしていないキャンペーンもあるので、その場合は大人になってから脱毛するよりお得に施術が受けられます。

子供でも脱毛は出来る

脱毛サロン,クーリングオフ

 

最近では大人だけではなく、子供も脱毛サロンに通いたい人が増えています。しかし、子供でも脱毛サロンで脱毛する事が出来るのか、気になると思います。また、子供の場合は成長期であるので、効果があるのかと疑問に思う人もいます。

 

結論から答えると、子供でも脱毛は行えます。脱毛には種類があり、光かレーザーが主流でレーザー脱毛は子供は受けられないです。それはレーザーは出力が強いので、肌を傷付けてしまうからです。このため、15歳未満は施術しないですと言っている所がほとんどです。

 

それは小中学生の肌は、大人の肌の2分の1から3分の2の厚さしかないからです。皮膚が大人並みになるのは16歳頃なので、光脱毛しか受けられないのです。子供向けに調整された光脱毛でなら、肌に安心して光を当てる事が出来ます。

 

サロンでは、光脱毛がメインになっています。成長期には毛がどんどん生えてきますが、定期的に脱毛サロンに通えばキレイな肌を保つ事が出来ます。処理が終わった後は、毛が薄く細くなってきます。子供専用のコースなら火傷や肌荒れしないように出力の強さが調整されているので、肌に優しくてツルツルになれます。

 

脱毛サロンに定期的に通う事で、成長期の毛の成長スピードよりも早く処理する事が出来て効果も現れやすくなります。

C3銀座店舗【銀座店・銀座Annex店】の詳細!トップページへムダ毛処理に煩わしさを感じている方や脱毛サロンに興味のある方は、トップページでC3(シースリー)の詳細をチェックしてみてください。